オリンピック男子スケートボードのオッズ

スケートボードがオリンピックに初登場しますが、多くのスポーツベッターが2021年東京大会でもスケートボードのベッティングオッズを探そうとしています。このスポーツには、ストリート競技とパーク競技の2つのカテゴリーがあります。この2つのスタイルはそれぞれ異なるものですが、ベッティングに関しては共通点があります。

東京オリンピックでは初の試みとなるこの競技には、世界中から20名のスケートボーダーが参加します。7月24日に行われる男子ストリートスケートボード競技では、選手はストリートコースに挑戦し、予選と決勝では、障害物を越えながら走行します。

アメリカのヒューストン選手と日本の堀米選手が早くも優勝候補に

男子ストリートスケートボード競技には、二人の選手がとても人気です。オッズメーカーによると、この二人が金メダルを獲得する可能性があると報じられています。その二人とは、アメリカのナイジャ・ヒューストンと日本の堀米雄斗です。ヒューストン選手は世界選手権で1位を獲得しており、金メダル獲得の最有力候補です。堀米選手は世界2位の成績を収めており、世界1位の座を狙っています。

26歳のヒューストン選手は、伝説的なトニー・ホーク選手の記録に追いつくような強さを見せています。トニー・ホーク選手はこのスポーツ界で最も注目され、最も有名なスケーターの一人です。ヒューストン選手は現在、最も表彰され、成功を収めているスケートボーダーであり、2019年にローマで開催された世界選手権で金メダルをつかんだ後、オリンピックにも出場しています。しかし、6月に開催されたストリート世界選手権では銀メダルで終わり、堀米選手に敗れてしまいました。ヒューストン選手はこれまでに11個のメダルを獲得しており、そのうち6個が金メダル、5個が銀メダルとなっています。

堀米選手はまだ22歳ですが、すでに素晴らしいスキルを身につけています。彼はオリンピック期間中、母国で競技を行いますが、彼が優勝する確率は高いと思われます。彼は豊富なスキルを持っており、最も優れたトリックはレールとギャップの組み合わせで、垂直方向のスキルとオールラウンドな多才さを発揮します。2017年と2018年、堀米選手はジャパン・アクション・スポーツ・アワードでスケーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。そして2019年にミネアポリスで開催されたサマーXゲームでは金メダルを獲得し、同年の上海サマーXゲームでは3位に入賞しています。

ヒューストン選手と堀米選手の他にも、注目すべきスケートボーダーがいます。それは日本の白井空良選手とフランスのオーレリアン・ジロー選手です。白井選手は現在、世界ランキング3位、ジロー選手は6位です。

アメリカ出身の選手に関しては、DrafKingの初期のベッティングオッズで上位に挙げられているスケートボーダーが数人います。ジャガー・イートン選手とジェイク・イラルディ選手です。イートン選手は世界ランキングで8位、イラルディ選手は7位です。

つまり、ベットするスケートボーダーを選ぶとしたら、これらの選手が選択肢となります。オッズメーカーの間では、ヒューストン選手と堀米選手は間違いなく最有力候補であると予想しています。そして、皆様から応援されている選手です。皆様も応援したい選手を決め、東京オリンピックを思う存分楽しんでください。